整形外科疾患の方へ。 デルマトームの表です。

Date:2017.10.14

デルマトーム

こんにちは。

院長の瀨田浩之です。

整形外科の疾患のしびれ、痛みがでた場合の責任病巣の図を添付します。

殿部や手が痛い場合でも腰椎や頸椎が原因のことがあります。

ご参考にしてください。

 

 

 

 

美容外科学会 レーザー講習会

Date:2017.10.10

美容レーザー講習

こんばんは。院長の瀨田浩之です。

先月の美容外科学会の報告です。

今回は北海道で開催されました。日程がみっちりで慌ただしくホテルのフロアーをいったりきたりしていました。

今回は眼瞼下垂の手術についてビデオサージャリーもあり非常に有益でした。

実際の患者さんを手術しているところをビデオ中継でみんなでみて勉強するといったものです。もちろん患者さんの同意は得て行われる手術です。

特筆すべきは、元信州大学教授松尾先生が、今まで禁断のミュラー筋をさわる手術を眼瞼痙攣に関して、初めて発表されていたのは非常に興味深かったです。

美容外科学会の

レーザー講習もうけてきましたので添付しておきます。

また、おいおい 報告していきます。

 

待ち合いの絵画について。シャロワ Bernard CHAROY の作品です。

Date:2017.10.04

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こんにちは。院長の瀨田浩之です。

今日は比較的質問が多い待合室の絵画についてお答えします。

シャロワは現代的で洗練された女性を多数描いている画家です。

略歴を下記に記載します。
シャロワ - Bernard CHAROY

1931 フランス、ロレーヌに生まれる。

1953年 モンマルトルのアトリエ・ド・ジョワに入り、デッサン、油絵、リトグラフを3年間学ぶ。

1957年 この年から主として、ポスター、本や雑誌の挿絵の制作を行う。

1959年 世界的に注目され、ヨーロッパ、カナダ、アメリカの大雑誌に続々と、彼のイラストや政治家の肖像画が掲載される。

1975年 パリの他、フランス各地、ベルギー、ドイツ、ギリシャなどで展覧会を開催。

1976年 スイス、バーゼルの国際展に出品。

1979年 ニューヨークのアートショー・コリゼウムに展示。

1980年 東京で初個展開催。

近年はイラストレーションの制作を中断し、絵画に専念。
油絵をはじめ、グワッシュ・リトグラフと様々な技法で作品制作に取り組んでいます。

流れるようなやさしい筆捌きで人物、特に少女や女性像を好んで描くのが特徴。
どこと無く淑やかで可憐にイメージ化されたそのモデルたちを、
水色や薄ピンクを基調とした華やかな衣装と、色とりどりの花々と共に描く。

1980年の東京での個展以来、頻繁に展示会などの際に来日。
そのため日本にもファンが多いそうです。

 

まだ みられていない方が おみえでしたら 是非いちどご鑑賞ください。

 

 

 

プライマリ・ケア連合学会 認定医 指導医について

Date:2017.09.12

こんにちは。

院長の瀨田浩之です。

今回 比較的質問が多い プライマリ・ケア連合学会認定医 指導医についてお答えします。

当院は、基本的に なんでもOKなクリニックです。

専門は 形成外科 整形外科 ですが、

皮膚科、リウマチ科をはじめ 美容皮膚科、美容外科等の自費診療

および 一般的内科疾患である

高血圧、高脂血症、糖尿病 等の慢性疾患の管理 まで はばひろく対応しています。

エコー検査では 腹部エコーや 頚動脈エコーをもちいて 臨床状態を把握しています。

無論、内科的疾患は年に一度は 心電図や胸部レントゲン写真にて心胸郭比等もチェックしていきます。

偶然ですが、頚動脈エコーでたまたま甲状腺癌も年に2-3名程度発見しています。

当院では 現在おこなっていないですが、開設前に2年半程度  1回金曜日に定期的に内視鏡検査を行っていました。

ニーズがあれば今後もおこなっていきたいと思っています。

さて、このようにさまざまなことをやるようになった契機は、こ実際に近隣にすぐ紹介できるところがなくて、非常に困った経験からです。

自分が教えを請い様々な先生から覚えさせていただきました。

現在の診療においても非常にやくだっています。

実際に、名古屋が非常に紹介アクセスがよいといわれていても、うけいれまでの状態がわるいことは実感された医療者や患者様も多数みえると思います。

これは医療機関ばかりが悪いわけではなくて、マンパワー不足がおこることもひとつの原因です。

 

プライマリ・ケアとは

 

患者さんがなんでも気軽に相談できて、かつ適切な科学的な最新の医療を提供できる こと とおもっています。

 

学会HPを

記載しておくので

ぜひ一度ご覧下さい。

 

http://www.primary-care.or.jp/public/

 

プライマリ ケア 連合学会でした。

手術日のおしらせ 及び  糖尿病 漢方治療について。

Date:2017.09.05

こんにちは。

院長の瀨田浩之です。

いま 昼に眼瞼下垂の手術が終わり、ブログを記載しています。

現在、手術日は 火曜日 金曜日 のお昼 と 土曜の午後施行しています。

おかげさまで手術件数が加速度的に増加いたしまして、手術をまっていただいております。

誠に申し訳ございません。

なお、眼瞼下垂、瘢痕拘縮形成術、皮弁術 等のやや時間がかかる手術は

火曜日のお昼にさせていただいています。

その他、比較的短時間でできる皮膚腫瘍摘出等は平日の15:30-16:00の時間で施行は可能な時がありますのでご相談下さい。

また、平日の15:30-16:00は

美容相談や美容施術も同時間で拡大受付していますのでよろしくお願い申し上げます。

 

さらに最近手術時にいわゆる成人病の患者さまが急増しているのを発見することがあるのでここで申し上げます。

手術前や 後の経過に著しく影響することがあるのでご協力下さい。

なお、私自身内科の治療も提供可能ですので 引き続き当院で希望ある方は当院で継続治療を施行します。

わたしが、プライマリーケア連合学会の認定医と指導医をとっていますので、術後の患者様等いわゆるかかりつけの内科疾患はフォローすることができます。

遠慮無く申し出下さい。

 

なお、そのなかでも糖尿病は自分が得意とする分野で 前医で勤務時も透析まで管理していましたので、しっかりと治療をしていきたいと思っています。

以下、糖尿病について述べます。

糖尿病とは
食事をするとその中に含まれる糖質は、胃などで消化され、ブトウ糖になります。

そのブドウ糖は、全身の細胞に供給され、エネルギー源になります。血中のブドウ糖は増えすぎると(高血糖状態)、

インスリンという血糖量を下げるホルモンが分泌されて、血糖量を正常な量に調整しています。しかしインスリンが十分に働かなくなったり、インスリンの分泌量が低下したり、血糖をコントロールできなくなり、血糖値が高い状態になる病気が糖尿病です。
糖尿病の原因
糖尿病は、遺伝的な体質が影響していることが考えられていますが、遺伝的な体質の人が誰でも糖尿病にかかるわけではなく、

食べ過ぎ、運動不足、肥満、ストレスなどの不規則な生活習慣などの環境が加わって起こりやすくなります。

 

西洋医学の糖尿病治療は いわゆるさまざまなものがあるので 今回は割愛します。じぶんの中ではオーソドックスな治療をおこなっています。

ガイドラインにそって行っています。

 

今回は ちょっと変わった漢方のはなしを記載させていただきます。
漢方でいう糖尿病の考え方
漢方では、糖尿病のことを“消渇(しょうかつ”)といいます。

消渇とは体の中の水が尿に流れるように出てしまい、多尿、口渇のある病気=糖尿病を意味します。

漢方では昔から、脂っこいものや贅沢に食べ物を摂りすぎると消渇になると考えられています。

漢方薬と西洋薬
糖尿病治療は、食事療法と運動療法、西洋薬(血糖降下薬)を利用することで、血糖をコントロールします。

漢方薬にも血糖値を下げる作用を持つものがあります。漢方薬は、血糖を下げる作用が穏やかなので、西洋薬のように治療の基本として用いられるのではなく、

しびれ、疲労感、冷えなどの改善や、合併症の予防のために補助的に使われます。
糖尿病の漢方薬
八味地黄丸(はちみじおうがん)… 老人の糖尿病が適応。腎の機能低下、老化現象に適応します。
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)… 肥満症に適応。脂肪太りを改善して、動脈硬化症や糖尿、痛風といった代謝異常疾患の予防。
牛車腎気丸(ごしゃじんきがん) …糖尿病性末梢神経障害、頻尿、しびれ、冷えなどに適応。

 

形成外科 について 

Date:2017.09.01

こんにちは。 院長の瀨田浩之 です。

名古屋市 の 医報 という 雑誌に 掲載された文章がありますので添付しておきます。

ご興味があるかたはご一読ください。

少々 小難しいですが 形成外科の歴史 から記載してあります。

調査室の委員会関連で依頼されたものです。

名古屋市医報原稿

美容皮膚科学会にいってきました。 大阪 2017 

Date:2017.08.05

こんにちは。 院長の瀬田浩之です。

7/29-7/30 に 大阪 で開催されていた 美容皮膚科学会に いってきました。

スタッフ達と参加し、非常に勉強になりました。

過去最大級の参加人数になったと会長がおっしゃっていましたが、ブースによっては立ち見でしか聴講できないところもありました。

以下、

興味深い講演内容を記載しておきます。

ほくろのレーザー治療の注意点とダーモスコピー 
Dermoscopy and precautions before LASER therapy of a “nevus”

 

最近、近隣の皮膚科から手術のご依頼をうけることも多いです。ただ、その際に自分でも必ずダーモスコピーはおこなっています。

その必要性を再認識させていただきました。

 

ほくろ とおもって手術をしてmalignant melanoma であったり

しみ とおもい レーザーで照射され 実は 扁平上皮癌であった といった内容の発表でした。

幸い自験例はないですが、とみにそのような症例がふえている印象をうけます。

 

以下が本学会で一番聴きたかった講演です。

「機能性ペプチドを用いた薄毛治療の新たな試み〜ヘアフィラー・ペロバームによる臨床 報告〜」

DR. CYJ Hair Filler & Pelo Baum Hair Revitalizing System      Yongji Chung(CAREGEN Co., Ltd.) 

DR. CYJ ヘアフィラー −機能性ペプチドを用いた毛髪再生医療−

当院における薄毛治療の新たな試み

 

昨年度から当院ではヘアフィラーを導入しており 大変良好な結果を得ていますが、

その開発者の  Yongji Chung 先生の話を 、実際に生で講演を拝聴できたのは大変勉強になりました。

HPにも記載があります基礎的な内容を拝聴して理解がさらにふかまりました。

 

今後 、特に女性の 薄毛 で悩んでいる 方 に安心してすすめられる 方法である と確信しました。

 

 

調査室委員とは?

Date:2017.06.27

こんばんは。

院長の瀨田浩之です。

今日は、比較的質問が多い調査室について記載しておきます。

今回北区医師会役員もやっていますので、それに基づいて寄稿文を依頼されましたので

それを割愛して記載します。

 

以後コピーです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年4月より、黒川駅の北に5分のピアゴの2階、医療モールで開業させていただいているセタクリニックの瀨田浩之と申します。今後とも宜しくお願い申し上げます。今回調査室について寄稿してほしいと副会長よりご指名いただき、筆をとっております。

調査室とは何か?と聞かれましたので、エッセンスを記載します。

ひとことでいうと調査室とは名古屋市医師会長の諮問機関で、医療政策に係わる情報収集、情報分析、調査、検討、等を行うものです。

以上、終了になってしまうのですが、もうすこし具体的に書きますね。調査室委員会は、隔週木曜日の14時から16時まで約2時間、毎月2回から月によっては3回程度開催されています。名古屋市の各医師会から代表委員が区を代表して参加しています。構成委員は、理事と副会長が毎回参加で、統括者に医師会長がみえます。それに各医師会委員がテーブルを囲んで会議をします。毎回発表者が2名、かつ司会が1名です。その3名が持ち回りで毎回発表します。発表内容は、medifaxとよばれる医療情報のプラチナペーパー;毎日のものを読み込んで理解して、それに基づいて15~20分程度でまとめて発表するというものです。Medifaxの内容は、いわゆるニュースですが医療情報に特化しています。司会者は、30本程度のニュースから自分で選んだ15本くらいの記事を各委員にファックスで送信し、それに基づいてテーマを決めて発表します。

また、会議内容は、時に突然医師会長から宿題があたえられます。委員はその宿題について智恵をしぼります。私は若輩者ですので、諸先輩方の意見を聞いて参考になるなあと、毎回勉強させていただいております。形成外科専門医としての意見を聞かれることもありますので、それについては粛々と回答しています。また、私がたまたまプライマリーケア連合学会認定医も取得していますので、来年度からの専門医制度についての私見をきかれることもあります。あと、講演会や14大都市医師会の会議等の参加もあります。昨年度は名古屋が主催でウェスティンキャッスルにて盛大に施行されました。河村たかし名古屋市市長と初めておはなしする機会を得ました。このように、調査室委員は、医師にとっての自分のスキルアップになっているなあ、と実感しています。会長より、「ちょっと調査室委員やってみない?」といわれ、戸惑いながらお引き受けいたしましたが、今後も任期を全うしたいと思っています。

 

syuku2017自己写真IMGP0005

 

syukuIMG_0731

陥入爪の 予防法について。

Date:2017.06.27

最近 質問が多いので追記しておきます。

ポイントは 爪の切り方にあります。

Q3.巻き爪・陥入爪の予防方法を教えてください。

A3.巻き爪・陥入爪を予防するには、何よりも正しい爪切り、足に合った靴選びが重要です。深爪をしないように、爪がある程度伸びたら、先端を皮膚から1mmほど残して、刃が直線状の爪切りでまっすぐに切るか、爪用のやすりをかけます。靴は爪が圧迫されないように、サイズの合ったものを選びます。具体的なチェックポイントを表3に示します。また、歩幅や歩行速度、姿勢などの見直しも予防・疼痛改善に有効です。

 

(参考文献)

1) 女性の皮膚トラブルFAQ 312-319 ’12   2) きょうの健康 (289)74-77 ’12   3) 内科 114(6)1193-1196 ’14

4) 続・患者さんから浴びせられる皮膚疾患100の質問 118-119 ’13   5) Credentials 2(6)48-51 ’09   6) JIM 24(5)427-430 ’14

7) 治療 93(4)638-641 ’11   8) 卸DI実例集(第8集) 16-17 ’00  9) 週刊朝日MOOK 新「名医」の最新治療2015 130-133 ’14

10) NHKきょうの健康大百科 336-337 ’10   11) 最新皮膚科学大系2006-2007 277-286 ’06   12) 卸薬業 37(4)40-41 ’13

13) 公益社団法人日本皮膚科学会ホームページ:一般市民の皆様:皮膚科Q&A:爪の病気   14) 各製品ホームページ

陥入爪手術 行っています。 感染前に来院してください。

Date:2017.06.27

質問集を

以下に追記します。

Q2.巻き爪・陥入爪の治療方法について教えてください。

A2.軽症例では爪を伸ばして適切な方法(Q3参照)で切れば改善するケースもありますが、改善しない場合の治療法として「手術療法」と「保存的治療」があります。かつては手術療法が主流でしたが、最近は爪をそのまま生かした保存的治療が増えてきています。以下に主な手術療法(表1)、保存的治療(表2)の内容を示します。なお、下記の治療法はいずれも単独で行われるだけでなく、症状に応じて適宜組み合わせて行われています。

手術療法 表1

 

方法 概要
フェノール法 陥入した部分の爪を切除した後、爪母細胞をフェノール*で焼灼し、爪の幅を狭めることで再発を防ぐ方法。痛みは軽い。欠点として、爪の幅が狭くなって見栄えが悪い、残った爪は巻いたままである、フェノールによる焼灼が不十分な場合は爪母から小爪が伸びて再発することがある、などがある。中等症の陥入爪に適応。*濃度約90%の液状フェノール。局方品でよい。
爪母切除術 鬼塚法(病変部の爪甲側縁・爪母・爪床・側爪郭を側骨間靭帯も含め一塊に切除する手技)、児島法(側爪郭下の側骨間靭帯を温存しつつ爪母を切除する手技)などがある。重症例の陥入爪や巻き爪に適応。

 

 

保存的方法 表2

方法 概要
肉芽に対する刺激を除去 コットンパッキング法 陥入している爪の先端と皮膚の間に米粒大のコットン(綿花)を挿入し、直接刺入を防ぐ方法。大きすぎると爪が割れて逆効果になるので注意が必要。綿花の代わりにソフラチュールなどを用いてもよい。比較的軽症の巻き爪、陥入爪に適応。
テーピング法 幅1~1.5cm、長さ4cm程度の布製の弾性絆創膏やサージカルテープなど固定性の強いテープを用意し、一方の端を側爪郭で固定し、もう一方を反対側に斜めにひっぱるようにらせん状に回して固定する方法。爪が皮膚に刺入することを防ぐことができる。比較的軽症の巻き爪、陥入爪に適応。

 

その他の方法

方法 概要
肉芽に対する刺激を除去 ガター法 爪の長さに合わせて約1cm程度に切った点滴用プラスチックチューブ(直径1.5~2mm)に、縦に溝状の切れ込みを入れ、さらに先端を斜めに切る。陥入した爪に沿わせてチューブを挿入し、アクリル樹脂などで固定する方法。比較的軽症~重症の巻き爪、陥入爪に適応。
肉芽の治療 ステロイド軟膏は収斂作用があり、盛り上がった肉芽を収縮させるために使用する。液体窒素は肉芽組織に圧抵すると、2週間程後にかさぶたとなり剥離することが可能。
爪の形を矯正 人工爪法 深爪のため短く食い込んでいる爪や、変形した爪に、アクリルで作製した人工爪*をのせ、爪が伸びて平らになった状態を形づくる方法。        *アクリル樹脂とアクリル液を反応させ、爪に塗布し作製
爪アイロン法 毛髪用のアイロンの原理を応用して、モスキート鉗子の上刃をアルコールランプなどで熱し、熱くない下刃を爪の下に挿入し、挟んで爪の曲がった部分を平らに伸ばし、液体窒素で冷却、固定する方法。熱による爪のタンパク変性を利用したもので、比較的容易に施行が可能である。
炭酸ガスレーザー法 モスキート鉗子で爪をもち上げ、弯曲度を矯正しながら炭酸ガスレーザーを照射し、爪のタンパク質を変性凝固させ平坦に固定する方法。
40%尿素軟膏による夜間密封療法 40%尿素軟膏(100g中、尿素40g、精製ラノリン20g、白色ワセリン25g、サラシミツロウ5g、シリカゲルH10g;院内製剤として作成)により、爪の角質内水分保有力を上げ軟化させることで巻き爪の弯曲度を軽減し、疼痛を緩和する方法。
ワイヤー法 超弾性ワイヤー法※1 爪の先端に注射針等で穴を開けて、形状記憶合金のワイヤー(マチワイヤ)を通し、ワイヤーがまっすぐに戻ろうとする力で爪の変形を改善する方法。ワイヤーの種類が豊富で、さまざまな硬さの爪に対し適切な矯正力を提供でき、手技が簡単で短時間で治療を行うことができる。ただし、爪甲遊離縁の幅が1~2mm存在することが必要である。
VHO(VirtuosHumane

Orthonyxie)法※2

VHO法はドイツで考案された方法で、金属の細い針金を爪の両脇にひっかけて上に引っ張り、両端をねじり合わせて爪の表面に貼り付ける方法。貼り付けには紫外線を当てると固まるジェルネイルを用いる。VHO法だと爪に穴を開けずにすみ、ワイヤーが外れたり端が飛び出したりすることも少ないので、皮膚を傷つけるリスクが低い。また、爪の真ん中あたりにかけるため、深爪でもワイヤーをかけやすい。矯正力は弱いが、爪がもろくても施術できるのが特徴。簡易版製品(コンビペッド)もあり。
上記他、コレクティオ(リフレプロジャパン:http://www.makitsume.jp/)などの製品もあり。
ステンレスプレート法※1 40~45℃以上の温度で平らになる形状記憶合金製の薄い帯状の金属板(マチプレート)を外科用の接着剤で爪に貼り付け、ヘアドライヤーで1日1~3回温めることで、爪の弯曲を矯正する方法。爪が柔軟でなければ、この方法での矯正は難しい。
B/Sブレイス法(B/S SPANGE法) ※3 特殊なプラスチック製の平らなスプリング板であるB/Sブレイスを接着剤で爪に装着し、その張力を利用して爪の弯曲を矯正し、治癒させる方法。深爪の程度が軽く、爪が柔軟でなければ、この方法での矯正は難しい。ステンレスプレート法と類似の方法であるが、より簡便である。
クリップ法 形状記憶合金のクリップを爪に装着し、爪の変形を改善する方法。比較的軽症の巻き爪に適応。ドクター・ショール巻き爪用クリップ(レキットベンキーザー・ジャパン:http://drscholl.jp/makizume/top.html)などの製品あり。
その他 巻き爪プロテクター(阿蘇製薬:http://www.aso-pharm.co.jp/medical/pursuer/n_protector.html)などが販売されている。

※1:使用製品については多摩メディカルのホームページ(http://tama-medical.com)を参照。

※2:使用に際してはフスウントシュー インスティテュートのライセンスの取得が必要(簡易版製品を除く)。

指定された講習会を受講の上、必要な物品は専門の業者に注文する必要がある。詳細はホームページ(http://www.vho.jp/)参照。

※3:B/S製品は足と靴の研究所(http://www.ashi-kutsu-soudan.co.jp/)などで開催しているセミナー受講者のみの取扱いとなる。

PageTop