院長ブログ

★夏季休暇のお知らせ★

Date:2021.07.27

いつもブログを読んで頂きましてありがとうございます。

8月お休みのお知らせです。

8月9日(月・祝日)振替休日

8月12日(木)~15日(日) 夏季休暇の為 休診とさせて頂きます。

10日11日は通常診療

16日からも通常の診療となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

PFC-FD治療始めました!

Date:2021.07.20

PFC-FD治療とは

セタクリニックでは、『痛めてしまった部分がほかの治療でなかなか治らない』『手術以外の方法で関節やケガを治したい』

『お膝のお注射に定期的に通院できない』といった患者様に、バイオセラピー【PFC-FD】をご紹介しております。ご自身の血液から

血小板由来の成長因子を抽出し、患者に注入することにより抗炎症作用や鎮痛作用の継続的な効果を期待する治療です。

ご興味がお有りの方はぜひご相談ください。

 

 

スクリーンショット (46)

 

 

PFC-FD (血小板由来因子濃縮物-フリーズドライ化)療法について
はじめに、PRP療法とは?(Platelet Rich Plasma:自己多血小板血漿)
PRP療法(自己多血小板血漿注入療法) は、患者様ご自身の血液中に含まれる血小板を利用した再生医療であり、血小板の成分だけ
を高い濃度で抽出し、患部に注射することで、損傷した組織の修復(自然治癒力)が促進され、「早期治癒」や「痛みを軽減」させる効果
が期待できる治療法です。PRP療法(自己多血小板血漿注入療法)は、海外では既に10年以上の実績があり、元ヤンキースの田中将大
選手や、エンゼルスの大谷翔平選手が、右肘の靱帯損傷でPRP療法を行なったことでも知られています。

PRP療法(自己多血小板血漿注入療法)は、スポーツ医学では肘や膝、靭帯損傷・骨折などの治癒を高める目的で行われている治療法
です。従来、テニス肘、ゴルフ肘、ジャンパー膝などの膝の膝蓋腱炎、アキレス腱炎には、ステロイド剤を注射していました。靭帯損傷や
骨折では、固定して時間を待つしかありませんでした。しかし、近年の医学研究の発達に伴い、ステロイド剤を全く使用しない、新しい安
全な治療法が開発されました。それが、自己多血小板血漿(PRP)注入療法です。
PRP療法が「早期治癒」や「痛みを軽減」させる理由

傷やケガが治るときに、どうして治るか考えた事がありますでしょうか?
実は、血液中の血小板には組織修復(自然治癒力)を促進する様々な成長因子、サイトカインなどの分子が多く含まれており、これらの分
子が周囲の細胞に働きかけ、損傷した組織の修復(自然治癒力)が促進され、「早期治癒」や「痛みを軽減」させる効果が期待できると言
われています。
PRP療法が効果的な患者様とは?
〈スポーツ外傷・障害〉
自己PRP注入療法により、テニス肘、またはゴルフ肘と呼ばれる肘内側・外側上顆炎、ジャンパー膝と呼ばれる膝蓋腱炎、アキレス腱炎、
足底腱膜炎などの腱付着部症や、肉離れ(筋不全断裂)、筋・腱断裂、靱帯損傷などのケガをより早期に治癒させる確率を高め、慢性化
した腱や靱帯由来の痛みを軽減する効果が見込まれます。 そのため、一日でも早い復帰が必要なプロアスリートや、重要な試合まで時
間との戦いのトップアスリート、テニスやゴルフの愛好家の方などの外傷・障害の治療として効果的な治療法です。
〈ひざの変形・痛み〉
ひざの変形・痛みは、PRP療法との相性が良いと言われています。変形性関節症では、変形の進行に伴い、軟骨がすり減ったり、半月
板が傷んだり、炎症が起きてひざに水がたまったりします。PRP療法は、こうした組織の修復を促したり、関節の炎症を抑制したりする効
果が期待できます。これまでは、変形性関節症の方に対する薬物療法としては、痛み止めの内服やヒアルロン酸の注射などを行ってきま
したが、こうした既存の治療が無効であった方でも、PRPを関節に注射することにより痛みの取れた方が多くいらっしゃいます。

当院にて行う PFC-FD療法とは?
PFC-FD療法とは、PRP療法と同様、患者様ご自身の血液から、PRP-FD を作製をし、患部に注射する治療法です。 注射後、損傷した
組織の修復(自然治癒力)が促進され、「早期治癒」や「痛みを軽減」させる効果が期待できます。

★2021年7月の祝日の移動★

Date:2021.07.13

いつもブログを読んで頂いてありがとうございます。

2021年 オリンピック・パラリンピックの開催に合わせて祝日変更が

ございます。

7月の祝日の変更

7月19日(月) 平日 通常診療

7月22日(木) 海の日移動の為 休診日

7月23日(金) スポーツの日移動の為 休診日

となりますのでお間違えの無いようお願いします。

ご不明な点はクリニックまでお問い合わせ下さい。

~2診体制 常勤医師の紹介~

Date:2021.06.30

スクリーンショット (40)

こんにちは。 いつもセタクリニックブログを読んで頂きましてありがとうございます。

2021年4月よりセタクリニック常勤医師となりました水野 雄斗と申します。

以前は総合病院の形成外科に勤めておりました。

形成外科の扱う疾患は命に関わることは少ないですが、治療することで生活の質を上げることができます。

医師として、患者様の生活がより良いものになるよう お役に立つことができればと思います。

ひとりひとりにとって最善の治療方法が選択できるよう努めます。

院長と共に、患者様が安心して受診できるクリニックづくりができるよう努力いたしますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

コロナワクチン接種当番でした!

Date:2021.06.24

 

 

 

 

こんにちは

院長の瀨田浩之です。

今日は、区役所で名古屋市の大規模接種事業のコロナワクチン接種当番でした。

普段、起こしいただいている患者様にも偶然会えて、地域医療に貢献していることを実感しました。

同じ医師会の先生も横にみえて、一緒に何百人もの市民の方の接種を行いました。

非常にスムーズにできていました。区役所の方がテキパキとされていたのが印象深いです。

介護保険審査員会の時より、久しぶりに区役所に来ましたが、急ピッチで接種が進んでいるのを実感しました。

当院でも、毎日コロナワクチン接種を続けています。待機場所が限られるため、予約枠を潰して行っていますが、なかなか多くの方に接種を提供できないですが、スタッフ一同頑張っていますので、よろしくお願いします。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

^_^
96CD00C4-39C7-4E10-9AB9-54934548B105F806CFC1-644E-4D00-9D08-5FA836C1C8E4

 

ヴェルサ ご紹介です!

Date:2021.06.10

「スーパーIPLでお肌の若返り♪」

今日はスーパーIPL装置Venus VERSA(ヴィーナスヴェルサ)をご紹介します。ヴェルサは、しみ、そばかす、ニキビ、赤ら顔、毛細血管拡張の治療に有効、ハリ、たるみの改善など肌の若返りにも効果があります。

一般的に、しみ、そばかすなどの治療に有効と言われているものにはレーザーがあります。

レーザー治療光を一点に集中するため少ない回数で効果が出ますが、照射したお肌一時的なダメージがあり、元に戻るまでダウンタイムがあります

IPLは、フィルターを通して選択的された様々な波長の光をターゲット層に吸収させ、熱に変換する治療器です。

レーザーのようにスポットに集中するのではなく、お肌全体に光を広く照射するためダウンタイムはありませんシミやソバカスなど治療ごとに少しずつ薄くなってい、同時にお肌全体のハリやキメが改善されていくのも実感できます。広範囲に照射された光が、シミの原因であるメラニンに反応するだけでなく、コラーゲン生成などを刺激するためです。

是非

お気軽にお試しください‼️

治療

汗のお悩み 一度ご相談ください(^^♪

Date:2021.05.25

ブログ1ブログ2ブログ4ブログ5ブログ6ブログ7

GW休診日のご案内☆彡

Date:2021.05.01

5月2日(日)~5月9日(日)まで セタクリニック リハビリ室拡張工事の為

お休みを頂きます。

5月8日(土)は美容・サロンのみ完全予約制で施術させて頂きます。

5月10日(月)午前より通常通りの診察となりますのでよろしくお願い致します。

 

★GWの休診日のお知らせ★

Date:2021.04.05

2021年5月2日(日)~5月9日(日)まで休診とさせて頂きます。

8日(土)は美容・サロンのみ完全予約制となります。

10日(月)から通常診療とさせて頂きます。

※リハビリ室拡張・美容施術室拡張工事の為。

 

4月2日から2診体制になります☆彡

Date:2021.04.02

 

いつもご覧頂き、ありがとうございます。

 

突然ですが、令和3年4月2日より、

瀨田院長と水野雄斗医師との2診体制になります☆彡

 

よろしくお願いいたします。

カテゴリー
最新の投稿

サロンセタビオラス

PageTop