院長ブログ

手術枠、レーザー枠増設しました!

Date:2021.12.09

こんにちは。院長の瀨田浩之です。皮膚腫瘍摘出術についておはなしします。皮膚のできものが 悪性腫瘍かどうかの問い合わせやご心配でご来院される患者さまが多数おみえになります。ほぼ、悪性像をみとめる方はいらっしゃいませんが、整容的な面からも手術をご所望されるかたも多数おみえです。当院では、初診時に、まず問診をおこない患者さまの状況を把握させていただきます。内服薬によってはすぐに手術ができないこともございます。基本的なスタンスとしては、皮膚腫瘍は可及的早期に手術を予定させていただきます。

以前は、曜日指定等がありましたが、簡易的に局所麻酔にて摘出可能な手術は、大幅に予約枠が増大しました。2.3候補予定を考えてきていただければ、なるべく早く手術可能です。形成外科専門医の今井医師も毎週水曜日と第1.3.5金曜日午前中にきていただいています。また、常勤の水野医師‍⚕️もいて、通常大体2診体制を確保して、医師3人診察にて対応している時もあります。第一土曜日は加藤友紀先生、第4土曜日は加藤真帆先生を招聘しています。

費用に関しては以前のブログにて詳細に記載していますので、ご一読ください。

露出部で病理代金込みで8300円程度 (3割負担)、

非露出部で 7000円程度(3割負担)です。

一割負担の方はこの概ね3分の1の自己負担料金です。

料金については受付にてお聞きください。

大きさによっては、すこしづつ負担が多くなります。当院では、基本的にたくさん皮膚腫瘍があっても1ヶ月に1個の部位を手術とさせていただいています。

しっかりとダーマスコピーで悪性像の評価をして手術に臨んでいます。

あきらかに悪性なBCCや悪性黒色腫、扁平上皮癌 と診断した場合は近隣の総合病院皮フ科、たとえば名古屋医療センター(国立)や西部、東部医療センターまたは、名市大病院または、名古屋大学病院へ、愛知県癌センターご紹介させていただいています。

可能な限り、当院でほとんどの皮膚腫瘍摘出術は可能ですが、安静が必要な部位等は困難な事がございます。

なお、基本的に当日手術は難しいのでご了承ください。

術前検査(採血等感染症検査、心電図検査かっこを行いますのでよろしくお願いします。

手術の前に必ずダーマスコピーという器械にて確認していますのでご安心ください。

お気軽にご相談ください。

待ち合い時に問診表に記載をしっかりとしていただけると幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

セタクリニック  瀬田浩之

カテゴリー
最新の投稿
PageTop