院長ブログ

セミナーで講演会聞きました!

Date:2023.03.12

こんにちは、院長の瀨田浩之です。
今日は、日曜日ですが、講演会に行ってきました。
今回は、赤い家のこどもクリニック院長の浅井先生の講演を聞きました!

自分も、もっと社会貢献しなくてはいけないと再認識させられました。

明日からも頑張ろうと思います。

講演の中で印象に残った言葉をのせておきます。

アインシュタインの言葉からです。

人の価値とは、その人が得たものではなく
その人が与えたもので測られる。

日々、診療、事務仕事に追われていますが、
自分の、価値を少しでも上げれるように切磋琢磨したいと思います。

よろしくお願いします。

 

A4B6122D-58B0-40EF-9593-33E258621BD4 216214EC-12A7-4DBC-A1D3-1DD342E695A1

 

311とWBC

Date:2023.03.11

12年前の今日は東日本大震災でした。
毎年この日が来ると震災の怖さや防災の大切さを改めて感じさせられます。
備えあれば憂いなし、未知の大災害はいくら備えても足りることはないですが、日頃から少しでも防災の意識を持つことでいざという時の行動が変わると思います。

その一方で9日から開幕したWBCでは我らが侍ジャパンが大活躍してますね!
名だたるスター選手の活躍はテレビの前のわたしたちに勇気をくれます(^_^)
今日はチェコ戦ですね、頑張れ日本!

マスク着用の義務化解禁

Date:2023.03.10

こんにちは
温かい日が続いていよいよ春ですね

3月13日からマスク着用の義務化が解禁されます!!
皆さんご準備はお済みですか?

当院ではお悩みに合わせたさまざまな施術を行っております(^^)
看護師によるカウンセリングも行なっておりますのでお気軽にお越しください!!

扁平足のお話し その2

Date:2023.03.08

こんにちはセタクリニックリハビリ室です。
前回は扁平足になるとどのようなことが起こるのかと扁平足とそうではない足の見分け方についてお話ししました。
今回はいくつかある扁平足の原因の一部のお話と、扁平足の予防と対処方法についてお話しします。

扁平足は歩き方や、筋肉のバランスが崩れることで足の裏にある
内側縦アーチ
外側縦アーチ
横アーチ
の3つのアーチが崩れることで前回あげたような問題が生じます。

そのため予防、改善方法としては
足周囲の筋力バランスの改善、可動域の獲得が必要となっております。

筋力バランスの改善は
タオルギャザー
セラバンド
バランスマットなどがあります。

可動域の改善は
ストレッチ
青竹ふみ
などがあります

また、そのほかの方法として足底板(インソール)などがあります。
何か気になるものがありましたら、セタクリニックリハビリ室までお気軽にお問合せください。

扁平足のお話し その1

Date:2023.03.07

こんにちはセタクリニックリハビリ室です。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

皆さんは扁平足という言葉を聞いたことはありますか?
扁平足とは足の裏のアーチ構造が破綻して、足の裏が平らになってしまっている状態のことをいいます。

扁平足になると
1、立っていたり歩いていたりするときに疲れやすくなる。
2、足の裏が痛くなる
3、膝や腰の痛みにつながる
4、靴が片減りする
などの問題が生じやすくなります。

ただ、足の裏が平らだからといって必ずしも扁平足というわけだはありません。
中には足の裏の筋肉の発達や、脂肪層が厚いことで足の裏が平らに見えてしまう場合があります。
判断方法の一つとして、体重がかかっていない時の足の裏の形と比べて、体重がかかった時(立った時など)に足の裏が平らになっていたら扁平足の可能性があります。

それでは、扁平足になったら、またはならないためにはどのようなことをすればいいのでしょうか?
つづきは扁平足のお話しその2に続きます。

ビタミンCについて

Date:2023.03.06

こんにちはセタクリニックスタッフブログです。

美肌を作るビタミンの代表といえば“ビタミンC”です(^ー^)ノ
ビタミンCの美白効果はとても有名ですが、
その他に肌老化を遅らせたり、
傷ついたお肌を修復する等の重要な働きがあります。
つまり、美肌づくりには欠かせない成分です☆
しかし私たち人間は、体内で自らビタミンCを生成することが出来ません(>_<)
美肌を手に入れるためには、食品や化粧品から積極的にビタミンCを補給することが大切です(o´・ω-)b
当院では高濃度ビタミンC点滴のご用意もございます☆
ご興味のある方はぜひスタッフまでお問合せください!!

PFCバランスについて

Date:2023.03.04

【PFCバランス】という言葉は耳にしたことはありますか?

P:protein(タンパク質)
F:fat(脂質)
C:carbohydrate(炭水化物)

これらは3大栄養素と言われ、バランスよくとることが重要と言われています。
最近ではタンパク質を手軽に接種できる食品が増えており、タンパク質の取り過ぎにも注意が必要です。

タンパク質は一般の方であれば体重1kgあたり1~1.5gが目安とされています。
運動している方であれば1.5~2.0g程度と言われています。

トレーニングをしている方は2.0gを目安にされる方もいらっしゃいますがタンパク質の取り過ぎは腸内環境の悪化など悪影響になるので注意が必要です!

また効果的な摂取方法として運動後30分以内に糖質と一緒に摂取することで吸収がよくなります(^^)

適切な栄養接種で運動の効果をしっかり発揮していきましょう(^^)

花粉到来!!

Date:2023.03.03

こんにちはセタクリニックスタッフブログです。

いよいよ花粉症の季節が近づいてきました( ; ; )

今年の花粉は10年間で最大という予想が出ておりますが皆さん対策はお済みでしょうか?

花粉症の予防と対策として

①毎日の花粉情報に注意

②花粉飛散時にはできるだけ窓を開けない

③外出時にはマスクやメガネをし、花粉を払いやすいコートを着るなど

花粉を体に付けない工夫

④帰宅したら、衣類の花粉を払い落とし、洗眼やうがい

など ありますのでひどくならないようにお気をつけください。

当院では、アレルギー検査ができますので、気になる方はお気軽にお声かけください(^^)

休診のお知らせ

Date:2023.03.01

こんにちは(^^)
本日、明日と休診日となっております。
また今月は3月29日午後も休診になります。

休診日の前後は診察が混み合うのでWeb、LINEでの予約システムをご活用ください

カテゴリー
最新の投稿
PageTop