皮膚腫瘍摘出術について

Date:2019.03.03

おはようございます。院長の瀨田浩之です。

皮膚腫瘍摘出術について

おはなしします。先月より、皮膚のできものの

悪性腫瘍かどうかの問い合わせやご心配でご来院される患者さまが多数おみえになります。

ほぼ、悪性像をみとめる方はいらっしゃいませんが、整容的な面からも手術をご所望されるかたも

多数おみえです。当院では、初診時に、まず問診をおこない患者さまの状況を把握させていただきます。

内服薬によってはすぐに手術ができないこともございます。

基本的なスタンスとしては、皮膚腫瘍は可及的早期に手術を予定させていただきます。

現時点では、火曜日、金曜日のお昼にきていただき予定で手術を行うか、土曜日の午後に予約で手術を

行っています。

費用に関しては以前のブログにて詳細に記載していますので、ご一読ください。

露出部で病理代金込みで8300円程度 (3割負担)、

非露出部で 7000円程度(3割負担)です。

一割負担の方はこの概ね3分の1の自己負担料金です。

 

しっかりとダーマスコピーで悪性像の評価をして手術に臨んでいます。

あきらかに悪性なBCCや悪性黒色腫、扁平上皮癌 と診断した場合は

近隣の総合病院皮フ科、たとえば名古屋医療センター(国立)や西部、東部医療センター

また名市大病院は名大病院へご紹介させていただいています。

 

お気軽にご相談ください。

まちあい時に問診表に記載をしっかりとしていただけると幸いです。

PageTop