手荒れのお話

Date:2018.11.12

こんにちは(*^。^*)

最近はグンと寒くなり朝晩は特に冷え込みますね(-_-;)

エアコンをつけたりお湯で手を洗うことも多くなると気になるのが乾燥です。

乾燥によって手荒れで悩まれている方もいらしゃると思います。

今日は手荒れについて少しお伝えしますね(^^)

ではどうして手荒れになるのでしょうか?

一般に、皮膚のうるおい(水分量)は皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質という3つの物質によって一定に保たれています。

手、指では、皮脂腺(皮脂を分泌する)が少なく、そのため皮脂膜も薄くなっています。そのかわり角質層が厚くなっていて、保護する役目を果たしています。

その角質層も、石鹸や洗剤など使って頻繁に水仕事をしたり、指先をよく使ったりしたあとにお手入れをしないで放っておくと、水分が失われやすくなります。

そこへ、さらに指先に様々なものの摩擦刺激が加わると、厚い角質層は弾力性を失い、ひび割れてしまいます。ですから、手への刺激を少なくするような、

普段からの心がけが予防には大切です。

日常生活で心がけること♪

1.お薬を正しく使いましょう

皮膚にうるおいを与えるぬり薬、また、痒みや湿疹を抑える塗り薬や飲み薬

などがあります。  是非、当院にご相談下さい。

2 刺激を避ける

木綿の手袋などを着用して、指先を直接刺激しないようにしましょう。

また、水仕事の際にはその上からゴム手袋など着用して、直接洗剤にふれな

いようにしましょう。

3 手を大切に

手を洗いすぎるのよくありません。

炊事、洗濯などの仕事を減らす工夫をし、できるだけ手に負担をかけない

ようにしましょう。

4 手を洗いすぎない

何度も手を洗うと症状が悪化してしまいます。

手の洗いすぎには注意しましょう。

手を洗ったあとは、皮膚にうるおいを与える塗り薬を塗りましょう。

5 油断大敵

症状が軽くなったからと言って油断は大敵です。

再発しないためにも、手に刺激となるものは避ける、

そして手を洗いすぎない、手を洗った後は 皮膚にうるおいを与える薬を塗る!

普段から 心がけていきましょう! (*^。^*)

PageTop