院長ブログ

美白治療に最適なシーズン到来

Date:2021.11.22

秋から冬は紫外線が少ないため、美白治療を行うのに最適な季節と言われています。
今回は 美白治療で併用されることの多い代表的な成分を紹介します。

〈美白有効成分〉厚生労働省の許可を受けている成分
トラネキサム酸…メラニン色素生成誘発因子の発生を抑制することでメラノサイト活性を抑制する。
内服では止血効果、抗炎症、抗アレルギー作用を持つ。

アルブチン、プラセンタエキス、コウジ酸…チロシナーゼの活性を抑えてメラニンの生成を抑制する。
ビタミンC(誘導体)…メラニンの還元を促したり、色を薄くしたりする働きがある。
ニコチン酸アミド…メラニンが表皮細胞に受け渡されるのを抑制し、メラニンが過剰に肌表面に現れることを防ぐ。

〈その他〉美白治療で併用されることの多い成分
フラーレン、ビタミンE誘導体、ハイドロキノン、レチノール、AHA、システアミン

当クリニックは このような成分配合のスキンケアアイテム、美容注射等行なっております。
お肌のお悩みお気軽にご相談ください(^^)
☎️052-325-6699

サロンセタビオラス

カテゴリー
最新の投稿
PageTop