院長ブログ

わきが・多汗症治療

脇ボトックス注射

保険、日帰り診療で治す。わきが治療。

わきのニオイが気になりますか?

アポクリン汗腺は、わきの下、乳輪、外耳道、陰部など身体の決まった部位にあります。

アポクリン汗腺の汗の成分はたんぱく質、糖類をはじめ、アンモニア、鉄分、蛍光物質、脂質、脂肪酸など臭いの元になる物質が分泌されています。これは粘り気のある液体でこの汗の成分が細菌などによって分解されて臭いを発生するものが「わきが」といわれるものです。

多汗症治療

保険不可、日帰り診療で治す。多汗症治療。

緊張・不安などのストレスから交感神経が高まり、体温上昇には関係なくわき汗や手の汗が多くて気になります。

エクリン汗腺は、全身の皮膚に分布しており、特にわきの下、手のひら、足底に多くあり、汗の成分は99%の水分と塩分でできており、臭いはほとんどありません。

多汗症治療

ボトックス注射

ボツリヌス菌から作られたボトックスを使用することで筋肉が収縮して汗腺が細くなる作用を利用して発汗を抑える治療です。

ボトックスはたんぱく質の一種で、交感神経の働きを抑制する作用があるため、エポクリン汗腺やアポクリン汗腺の活動を抑制し、汗の分泌を抑えることができます。

手術後2~3日後に汗の量が減ってきます。

所要時間

10~15分

効果の持続期間

個人差はありますが6ヶ月程度持続された方がいます

保険診療として内服、外用剤(塗り薬)がありますのでご相談ください。

診療科目-美容外科

お問合せはこちら

サロンセタビオラス

PageTop